2018年12月27日木曜日

キバタンとオカメインコ

Sulphur-crested cockatoo and Cockatiel.
 
今年の写真は今年のうちに…まぁそれは無理なのだが,できるだけ。
家の中のその辺にいるフィギュアとかドールとかを,突然撮りたくなることがある。
だから,特別意味もなく撮った写真。
常にだいたいモニターの上にいる2羽。
 
 
 
オカメインコはリカちゃんのペットシリーズ。
確か「お喋りが上手なピーちゃん」だったと思うが,
オカメインコは歌は上手だけど,実はお喋りは不得意なのである。
オスは少しは喋るけど,
うちの子も自分の名前と「ご飯」「おいで」くらいしか言わない。
まぁそんな厳密なことはどうでも良いのだけどね。
 
 
 
 以下日々の戯れ言,今年のアニメ。
 
アニメファンに最も愛された2018年度アニメランキング「みんなが選ぶベスト100」が決定 テレビ部門1位は「BANANA FISH」 - ねとらぼ より。
1. BANANA FISH
2. 宇宙よりも遠い場所
3. はたらく細胞
4. ゆるキャン△
5. ゾンビランドサガ
6. アイドリッシュセブン
7. SSSS.GRIDMAN
8. 宝石の国
9. ポプテピピック
10. ヴァイオレット・エヴァーガーデン
11. やがて君になる
12. ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
13. オーバーロード [II・III]
14. あそびあそばせ
15. ウマ娘 プリティーダービー
16. 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
17. ゴブリンスレイヤー
18. 少女終末旅行
19. シュタインズ・ゲート ゼロ
20. 進撃の巨人 Season 3
 
 へー。ふーん。
 「BANANA FISH」ってみんなそんなに好きだったの? 「宇宙よりも遠い場所」そんなに良かった?
 世の中の人気と私が好きなものはけっこう違っている。この中で私が今年のアニメ20選に入れてもいいなと思うものは「はたらく細胞」「ゆるキャン△」「ゾンビランドサガ」「SSSS.GRIDMAN」「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」「少女終末旅行」「やがて君になる」。
 被るのは7作品。
 「BANANA FISH」はかつての名作を無理矢理現代にした割には健闘したかもねとは思った。
 「宇宙よりも遠い場所」はとにかくキマリとシラセが好きになれなかったし,タイトルが好きになれなかった。南極が大変なのはわかるが「宇宙をなめてんのかよ」と思う気持ちが強くて。いや心が狭くてスミマセンって感じなのだが。
 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は世界が綺麗だったけどそこまでではなかったかな。
 「宝石の国」も「ポプテピピック」も確かに印象的ではあったのだが。
 
 私が良かった2018年アニメ20選。まずここに挙がっている7作品。
 「はたらく細胞」はとても教育的で最近の医学的知識が得られて良かった,血小板ちゃんがかわいかった。
 「ゆるキャン△」はみんな良い子で気持ちよく楽しめた。女子高校生はソロキャンプしちゃいけないと思うけどファンタジーの世界だしね。
 「ゾンビランドサガ」は最初ネタアニメかと思ったけど真剣なアイドルものでまじ感動。フランシュシュのアルバム欲しい。
 「SSSS.GRIDMAN」は子供の頃に見た番組が自分にどんな気持ちをくれたのか思い出させてくれた。
 「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」は現代社会の闇に躊躇無くメスを入れる小気味よさが素敵。
 「少女終末旅行」は原作ファンだったのだが,納得できる仕上がりで良かった。
 「やがて君になる」は主人公の理屈っぽい性格に色々と考えさせられる。
 
 他に良かった作品。
 「こみっくがーるず」は「ひだまりスケッチ」リスペクト作品かと思って期待せずに見たら予想外に良くて,きららを見直した。
 「多田君は恋をしない」は恋愛モノ王道。王道作品は結果が見えてても良いのだ。
 「恋は雨上がりのように」は恋愛王道変形だが,淡々と過ぎて行く日常描写と爽やかな終わり方が良かった。
 「プラネット・ウィズ」はおそらく忘れられない作品になると思う不思議な世界のアニメ。銀子さんが素敵だった。
 「ハイスコアガール」は物語に時代背景,キャラデザインに音楽,みんな気に入って楽しかった。
 「ダーリン・イン・ザ・フランキス」はとても迫力があったし,物語がしっかりしていて最後まで面白い良作だった。
 「カードキャプターさくら クリアカード編」これはコメントしようのない王道作品。
 「からかい上手の高木さん」を外すわけにはいかない。高木さんで今年の私は救われたと思う。
 「衛宮さんちの今日のごはん」毎回とても美味しそうだった!キャラの皆さんここで幸せになってください。
 「イングレス」思った以上にあのゲームの世界観そのままで,ゲームを知らなくても楽しめる良いアニメになっていた。
 「ヒナまつり」は今年のギャグアニメ大賞かな。
 「あかねさす少女」は平行世界もの。ちょっと古くさい雰囲気で「アベノ橋魔法☆商店街」を彷彿とさせる。途中まで良かったのに最後風呂敷広げたまま適当に良い感じの友情モノにして終わってしまって残念アニメだった。
 「転生したらスライムだった件」は2クールなので後半は来年だが,今までの異世界モノにはなかった感じで面白い。
 
 

0 件のコメント: