2018年7月12日木曜日

ピンクのビタミン

Brilliant Doll Mignon from 100-yen shop Seria.
 
目薬をさすと,目薬が口の中へ下りてきて味を感じてしまう人が少数ながら存在する。
少数ながらと言うのは,あまりそういったことが目薬に考慮されていないようなので
おそらくそういうクレームが少ないのではないかという勝手な推測。
目薬が口へ落ちてきて問題なのは大抵とても苦いことで,
多くの人が苦くて困っているなら,もっと改善されそうだと思う。
 
で,薬局で相談したところ,
メリル硫酸ネオスチグミンが入った目薬は苦い。
グリチルリチン酸カリウムが入った目薬は苦くない。
 
だが,実に多くの目薬にメリル硫酸ネオスチグミンが入っている。
これが入っていない貴重な目薬が,このロートリセ。
 
 
で,苦くない目薬が欲しいだけなのだが,
このピンクピンクな女子力高め的デザインにちょっと気後れ。
おまけに「ピンクのビタミン」とか書いてあって何だか。
それ単に錯体の色では><
 
そういえば,ビタミンB12,シアノコバラミンは
足先が痺れたときに処方してもらったことがある。
目薬にも入れるのね。
 
まぁこの子は可愛いデザインだし「ダサピンク」には該当しないと思うけど,
あまりにもあからさまに女性向けで,
お肌に性差があるように目にも男女差があるのだろうかとか疑問に感じてしまうのだった。
苦くないという理由でこれを買っている男性がいるのだが,ちょっと恥ずかしそうなので。
 
 

0 件のコメント: