2018年9月11日火曜日

Maker Faire Tokyo 2018 with ruruko

Fresh ruruko 1605 at Maker Faire Tokyo 2018.
 
 Maker Faire Tokyo は,アマチュアが自分なりのテクノロジーを用いて好きなものを作って発表し楽しむオライリー・ジャパン主催のイベント。
 せっかく東京へ帰ってきたのでイベントへ行ってみたかったのと,引っ越しから2週間が経過し,片付け生活に精神が疲弊し気晴らしが必要だったのとで,暑い最中だったが行ってみた。
 
 
 人間というのは何と創造が好きなのだろうかとつくづく思わされた。
 色々な人が思い思いに作った物たちは,みんな制作者の愛情を浴びているので可愛く見える。
 この子はお喋りする九官鳥?のQちゃん。
 
 
 紙でできた,からくりびっくりなロボットさん。
 
 
 輸入しないと手に入らないニキシー管を使ったカッコイイ時計。キットを売っていてワークショップもあるとのことだった。
 ちょっと欲しいな作ってみたいなと思ったけれど,置く場所がないんだよ置く場所が><!
 
 
 Maker Faireのマスコット?の前で。
 
 
 半田こての顔出し看板って,ものすごくレア。
 
 
 歴代ラズパイ。ラズパイいいよねラズパイ。個人的には最近の花形だと思っている。
 
 
 小さなロボットが一斉に同じ仕草をするのがとても可愛かった,AI_Robot@STSPさん。
 
 
 雨を知らせるてるてる坊主。
 
 
 植物を乗せて部屋の中の明るい場所に移動してくれるロボット。これめちゃ欲しい。
 
 
 何か可愛かったから撮った。
 
 
 ペットボトルを使ったアクアテラリウム。
 
 
 この恐竜?のロボット,ニンジンを与えると受け取ってくれるのだが,子供たちに大人気だった。
 動きがとても滑らかで,まるで生きているよう。本当に良くできた可愛いロボットだった。
 
 
 音楽を演奏するロボットたち。
 
 
 電子部品の小物を販売していたロボット工房 Noratelier ~のらとりえ~さん。黒猫さん可愛い。
 
 
 私の興味が電子工作やロボットなのでそういう写真ばかりになってしまったが,例えば災害用段ボールハウスとか,もっと色々な分野の展示があった。
 
 会場で擦れ違った小学生の女の子が,連れの女の子に「今年は3Dプリンタが多いね」と話していたのがとても印象的だった。小学生の女の子だよ,毎年友達と来ているんだ!
 東京で生まれ育つってこういう環境を得られるってことなんだよねと,心から羨ましく思った。私が小中学生の頃の熊本市には,科学館どころか博物館すらなかったのよ~><
 
 
 ビッグサイトを後にして,豊洲のサイゼリヤ。ヘトヘトになるまで歩き回ったからワインが美味しかった。
 
 
 こちらは同じ服を着た同じrurukoさんなので,おまけ。ハブの日のエールハウス。
 
 

0 件のコメント: