2009年2月4日水曜日

[Antique Doll] 理沙

長い長い間,一緒に暮らしてきた彼女。
玩具屋さんで椅子に腰掛けていたのを見掛け,椅子ごと連れ帰ったのは,もう25年も昔のこと。
彼女がいた店には彼女のお友達のドールは一人もおらず,
彼女が入ってきた金色の箱には,メーカ名やドール名の表示もなく,
ただ「アンティック・ドール」と書いてあったのみ。
身長62cmの大きなドールです。

何の素性も分からない彼女は,理沙と名付けられ,
大学生の頃の下宿,会社の寮,その後点々と繰り返した数々の引っ越し先,
いつも部屋の隅で私と同じ時を刻んできてくれました。

それなのに…私はこの豪華なドールをどう扱って良いのかわからず,
メンテナンスもせずにほったらかし。
最近やってきた1/6ドールばかりかまわれているのを,
彼女はどんな気持ちで見ていたことでしょう。

ただ座っているだけなのに,人間と同じように,服は袖口から傷み始めます。
袖口のレースが破けて垂れ下がり,スカートの金鎖も切れました。
ボンネットの羽根飾りは黒くなって見るも無惨。
胸元のブローチも,顔も手も黒くすすけています。
服の埃は毎日払っていましたが,
豪華な作りゆえ,レースの間やスカートのひだに埃がたまってしまいます。
髪の毛はいつのまにかカールがとれ,ばさばさで解くことも不可能。
唇の色もすっかり落ちて,何だか顔色が悪く見えます。

何とかしてあげなくては…!

1/6ドールを触ったおかげで以前は怖くてできなかったことも,何となくやれる気がしました。
服はおしゃれ着用の洗剤で手洗いし,
髪は油を差しながら時間をかけて丹念に解き,その後シャンプー&リンス。
顔や手足の汚れを拭き取り,ブローチは歯ブラシを使ってゴシゴシ洗いました。
ほつれた袖口を繕い,鎖を止めつけ,すっかり伸びたペチコートとドロワーズのゴムを交換。


写真に撮ると変わり映えしませんが,下の2枚がメンテ後。
そのうち,アクリル絵の具か何かでリップは薄いピンク色にしてあげましょう。

新しい服など作ってあげられればよいのですが,
この子の服は大きいので,ミシンが無い私には難しいかなぁ。
型紙も自分でとらなくちゃいけないし。

服を作ったりする参考になるかなぁと思って『ローゼンメイデン原画集』を買いました。
何か違う気もしますが(^^;。


元画像を大きくしてみました。
災害で自宅の写真が全部ダメになってしまったときの為の保険です(^^;。


4 件のコメント:

瓊 さんのコメント...

長年一緒にいてくれた理沙ちゃん、綺麗にしてもらって嬉しそうな顔していますよ。(^^
ドールの手入れって決して簡単なことではありませんよね?1/6ドールでもいろいろ手間かかって、「DO」&「DON’TS」がたくさんありますよね。

そういえば「災害で自宅の写真が全部ダメになってしまったとき」のこと、私もそろそろ考えないと。。データの保存と整理など、いろいろ悩みますよね

Snow さんのコメント...

>瓊さん
嬉しそうにしていますか? よかった…。
ドールの手入れ,本当に決して簡単なことではありませんよね。実際にドールを手元においてみて,初めて気がつきました。何も分からなくて,ネットで調べたり,ドールのサイトを巡って他の人の手入れ方法を読ませていただいたり。
子供の頃遊んでいたリカちゃんたちには可哀相なことをしたと,よく思い出します。

デジカメ写真は気軽に撮れるのはいいけど,壊れるときは一瞬で全部ダメになっちゃうし,きちんと管理しないと怖いですよね。
うちは,バルクのハードディスクにバックアップをとって,それを実家などにおいてもらっています。
当然ながら,それでも常に最新版を実家に置いているわけではないので,バックアップのない新しい写真は大きめの写真をブログにアップしておけば,それだけは残るかなと。

愛砂 さんのコメント...

わぁー。すごく豪華なアンティークドールですね。
うちにも数年前まで大きな子が居ましたが、「怖いし場所を取るから」という理由で処分してしまいました。
今となっては何故あんなことをと、すごく後悔しています…。
メンテ後の理沙ちゃん、なんとなくお顔が生き生きとしているように見えました。
リップを塗ったら血色がよく見えるでしょうね。
今後の登場も楽しみにしています。

災害は怖いですね。パソコンのデータだけでなく、大事なドールやコレクションがなくなってしまうと思うと…。
考えるだけで恐ろしいです(T_T)

Snow さんのコメント...

>愛砂さん
豪華ですよね。
彼女がつけているブローチが,実は私が持っているのと全く同じデザインのミニチュア版だったので,もの凄く気になりました。
椅子も含め,当時の私には(よく考えたら今の私でも(^^;)「清水の舞台から飛び降りる」ような出費でしたが,連れて帰らないと一生後悔しそうな気がしました。

でも大きなお人形は確かに場所をとるし,お人形が苦手な人から見ると,怖いだろうと思います。
愛砂さんのお宅にいたお人形さん,残念でしたね。私も数年前に処分されるのを助けてあげられなかったバービー3人がいて,今も思い出してすごく後悔しています。彼女たちの分も,今うちにいる子は可愛がってあげなければいけませんね。

また何か変化がありましたら,この子も登場させますね!