2008年10月20日月曜日

マリーンとロンドン巡り (1) タワーブリッジ

私はマリーン,ロンドン出身の17歳。

私の故郷ロンドンは,世界から観光客が集まる素敵な街なのよ。
ローマ時代の遺跡も残っているけど,
最近は斬新なデザインのビルもどんどん建っているの。

こんな言葉を残した方もいらっしゃるわ。


ロンドンに飽きた者は,人生に飽きた者だ。
ロンドンには人生が与えうるもの全てがある

When a man is tired of London, he is tired of life;
for there is in London all that life can afford.

By Samuel Johnson


今日は,ロンドンのランドマークの一つ,タワーブリッジをご紹介するわね。


ロンドンは港町。
船が大型化した19世紀,跳ね橋が必要になってきて,
1894年,8年をかけて建設されたのがこのタワーブリッジ。
完成当時は日に50回も橋が上がっていたそうよ。
南塔に残るヴィクトリア時代の水圧式エンジンは,それはそれは立派なもの。
今は使われていないけれど,今でも十分動くの。
19世紀の英国技術の誇りだと思うわ!

跳ね橋が上がる時刻はホームページで調べてね。


2 件のコメント:

おおつか さんのコメント...

マリーンちゃん可愛い!

ロンドンの庶民生活も知りたい。

Snow さんのコメント...

>おおつかさん
マリーンは貴族のお嬢様なので,庶民の生活は知らない気がします。
趣味は乗馬とアーチェリーだそうですよ。